環境日記 書き方ガイド

「みどりの小道」環境日記は環境問題と関係したことを書く日記です。

エコネコイメージ

「みどりの小道」環境日記は、毎日、体験したことや、発見したこと、心に残ったことなどを書く普通の日記とほとんど変わりません。ちょっと違うのは「環境」に関係したことを書く点です。いま、身近な場所はもちろん、世界でさまざまな環境問題が起きています。このガイドブックで環境問題のいまを学ぶことか らスタートし、友だちや家族と話し合ったり環境活動を行いながら日記を書いてください。

日記を書くときの注意

エコネコイメージ
  1. 毎日書くようにしましょう。
    12週間、毎日書くとコンテストに応募することができます。
  2. 各週の日付と、日記を書いた日付、曜日を忘れずに書きましょう。
  3. 日記の枠には文章のほか、表や絵を描いても構いません。

書く時の大切な4つのポイント

  • 自分の感想は必ず書くようにしよう。
    まずは五感(見る、聴く、嗅ぐ、味わう、触れる)を使って、”日記”なので思ったこと、感じたことを自然に素直に書いてみよう。
  • 学んだこと、調べたことを書いてみよう。
    学校などで学んだことや分からないことはいろいろな方法で調べて知っていこう。
    「みどりの小道」環境日記のガイドブックを読む。本を読む。先生、お家の人、友だちに聞く。
    博物館に行く。インターネットなどで調べる。
  • イベントに参加したり、活動をしたり行動して書いてみよう。
    環境のイベントで学んだり、自分が見つけた課題の解決に向けて取り組んだり提案したりしていこう。
  • エコ活動の輪を広げ書いてみよう。
    家族や友だちなどに呼びかけてみんなでエコ活動に取り組んでいこう。

書き方の例を見てみよう!

上に戻る